収納家具でまとまりのある生活|シュッと収める収納術

壁に収納

広々としたまとまりのある室内

最近では、部屋の無駄なスペースを無くす収納家具が注目されるようになってきていますが、その中でも注目されているのが、壁面収納です。壁面収納とは、壁に収納家具を設置するタイプの家具ですが、様々なパーツと組み合わせることができる収納家具です。空いたスペースに家具を設置するということではなく、壁面に沿って設置するため室内が狭くなることがありません。一戸建てだけでなくマンションやアパートでも設置できるということもあり、今注目されているのです。一般的に家具というと、まとまりなく設置されていることが多いです。ベッド周りが家具で囲まれていたりリビングにまとまりなく家具が置かれていたりします。このようなことを避けた家具が壁面収納なのです。家具を設置する壁面を決め家具を積み重ねていくだけで、一箇所に家具を設置しまとまり感が出てきます。無駄なスペースを無くし、広々とした室内を演出できるのです。

後悔しない購入法

壁面収納は、置いている物が見えないように扉が付けられています。家具を一箇所に収納できても、置いている物が見えてしまうと片付いているようには見えません。そのため、中の物が見えないように扉で隠しスッキリ見せているのです。部屋をスッキリさせるだけでなく、インテリアとして演出できるため、設置する家具と部屋の雰囲気がピッタリと合うものを選びましょう。サイズは国内のマンションやアパートに合わせてサイズが作られているため見つけやすいです。しかし、部屋によって間取りが異なるため、どこにどのようにして設置したいのかを明確にし、サイズを図った上で購入しましょう。